ヤエヤマコクワガタ
Dorcus amamianus yaeyamaensis (Hori, 1991)


 西表島に生息しているコクワガタで、長らく幻のクワガタと呼ばれていました。
 管理人も何度か西表島で灯火採集を行いましたが、1匹も捕れなかった憧れのクワガタです。
 しかし、2012年頃から灯火採集で大量に姿を現すようになり流通されることも多くなりました。


成虫オス (2013/02/16)
他のアマミコクワガタと比べると横幅が広いです。
また、この個体が黒いのですが、褐色になる個体もいることで知られています。
灯火採集ではオスが多い傾向にあるようです。


成虫メス (2013/09/24)
若干褐色のある個体です。
産卵数はあまり多くなく、柔らかめの材が適しているようです。
少しでも堅い材にはまったく産みませんでした。


若齢幼虫 (2013/10/20)
写真では頭部が隠れてしまっていますが頭部が小さいです。


Copyright (C) 2012- mushihachu, All Right Reserved.
当サイトの全部又は一部及びそのコンテンツの無断使用、転載、改変を固くお断りします。
inserted by FC2 system